カモメになったペンギン ジョン・P.コッター

 

「カモメになったペンギン」のおすすめ度

おすすめ度 ★★★★★
おすすめ読者層 全てのビジネスマン
経営者
向上心を強く持ちたい人

 

あらすじと感想

本書の著者であるジョン・P.コッター氏は著書「企業変革力」の中で、企業変革を成功させる8段階の変革プロセスを提唱しています。本書は「企業変革力」の内容を基に、変革に必要な8段階のプロセスについて、ペンギンの寓話(ぐうわ)を通して分かりやすく解説したものとなっています。

「カモメになったペンギン」のあらすじ

ペンギンが昔から暮らしてきた氷山が溶け始めていました。それに気付いた少数のペンギンは「氷山が溶けて無くなる」と危機感を持ちましたが、多数のペンギンは全く危機感が無く、変化への不安、固定観念等で現状維持を希望します。そうした保守観念の強い組織の中で、ペンギン達がいかにして変革を成し遂げていくかという話です。

登場する主なペンギンタイプは、「組織を統率するペンギン」、「実行力あるペンギン」、「好奇心の強いペンギン」、「知識と論理型のペンギン」、「信用が厚いペンギン」、「変革に反対する抵抗勢力のペンギン」です。

本書では、様々な役割やタイプのペンギンが出てきます。自分がどのペンギンに当てはまるのか等、自分の所属する組織をイメージしながら読むことができます。

寓話(ぐうわ)形式で、読みやすく分かりやすいストーリーで構成されていますが、随所に示唆に富んだ色々な気づきや学びを与えてくれます。
読み手側が学生、新入社員、経営者とどのような立場であっても、それぞれの立場や視点から、何らかの教訓を得ることができますし、知識として「8段階の変革プロセス」を知っている方でも、改めて考えさせられるポイントが出てくるでしょう。

自己啓発として素晴らしい内容ですし、例えば本書を読んだうえで、「職場のチームメンバーで読み合いをして議論する」、「自社の組織に当てはめて考える」、「リーダーシップや組織変革の考え方を整理する」、「研修教材」等、職場の中でもチームとして活用もできる非常に有益な書籍です。

本書のポイント 変革を成功させる8段階のプロセス

危機意識を高める

変革推進チームをつくる

変革のビジョンと戦略を立てる

変革のビジョンを周知徹底する

メンバーが行動しやすい環境を整える

短期的な成果を生む

さらなる変革を進める

新しいやり方を文化として根づかせる