あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール 田中和彦

 

「あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール」のおすすめ度

おすすめ度 ★★
おすすめ読者層 自己啓発
30代~40代のビジネスパーソン

 

あらすじと感想

大学卒業から20年働くと42歳になります。42歳という年齢は、会社員としてのゴールが見えてくるため出世意欲を失ったり、残りの仕事人生を惰性で過ごし始める年齢タイミングかもしれません。

しかし、42歳以降の生き方をどうするかによって、まだまだ人生は大きく変わるということを本書は説いています。新しい気持ちや価値観を持つことで、今後の人生における時間の使い方や行動が変わるかもしれません。

本書は、現状の自分や環境に対するアラートやヒントを与えてくれる内容となっています。
転職や大きな挑戦を煽っているわけではなく、誰でも一度は直面する問題に明るく前向きに取組むきっかけを与えてくれます。

本書タイトルの「42歳」は訴求性を意識してのキーワードかもしれませんが、40代だけでなく30代でも読む価値はあると思います。
様々な視点から合計100個のテーマを解説していますので、何らかの気づきは得ることができるでしょう。

参考になる解説もある一方で、机上の考え方では?と思う解説もあります。

「あたりまえだけどなかなかできない42歳からのルール」より引用

今いる世界の常識を疑え

「リクルートの常識は、世間の非常識」という言葉の意味を本当に理解できたのは、会社を辞めてからだ。辞める前は、改めて「井の中の蛙」だったと思う。 ~省略~ 人は、自分の所属する世界に長くいると、そこがすべてのような錯覚に陥り、そこで行われていることに何の疑問も持たなくなるものだ。しかし、外の視点から内部を眺めると、意外な短所だって見えてくる。

組織の考え方を正しいと思い込んだり、組織に従うことは決して悪いことではありません。しかし、組織の中だけのルールや常識は、世間の常識とは限らないことを自覚することは大切です。

仕事一筋・仕事優先で過ごしてきて迎える42歳において、「仕事人生の将来は決まっている」と考えるより、「まだ折り返し地点を過ぎたところ」と考えた方が、残りの人生が豊かなのは間違いありません。

本書は、今までの価値観に縛られない新しいチャレンジを後押ししてくれます。

本書のポイント

「生きざま」、何かを手に入れたいなら何かを捨てる

「キャリア」、上がりより振り出しを意識のルール

「働き方」、 好きなことを好きな人と好きな時にやれるか

「仕事術」、何かを決めなければならないときのチェックポイント

「上司」、言葉や立場だけで部下を動かさない

「人間関係」、無理がきく人脈を持つ

「学び」、年齢の違う人たちと同じ教室で学ぶ

「生活とお金」、シンプルに生きる