神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り 星渉

「神トーク 伝え方しだいで人生は重い通り」のおすすめ度

おすすめ度 ★★★
おすすめ読者層 コミュニケーションの工夫をしたい人

あらすじと感想

現代社会においてほとんどの人が人間関係で悩んだことがあるはずです。

職場、恋人、家族関係、友人などなど。しかし、実際には、「科学的に人の心を動かすテクニック」となるものが存在します。そんなもの存在するはずがない、と思われるかもしれませんが、よく周りを見渡してみると、「いつも周りから頼られている、もてはやされている、特別扱いされている」といった人がいるはずです。彼らのような人は、科学的に基づいた会話術が備わっているだけなのです。

本書では、人の心を動かし、そして相手の人生をも変えてしまう科学的な会話術について紹介されています。

人の心を掴んでその人とうまくやっていくためには、「相手に安心感を与える」、「相手の自己重要感を満たす」という2点が重要になってきます。この2点を実践するための、具体的な会話中のテクニックはたくさんあります。

例えば、相手に安心感を与えるテクニックとして、「相手の話を絶対に、一回たりとも否定しない」というテクニックがあります。

相手の自己重要感を満たすテクニックとして、「相手の名前をできるだけ呼ぶようにする」、「相手に関して知っていることを本人に告げる」といったものがあります。

これらのテクニックは科学的な根拠に基づいており、自分の話し方、言動、振る舞いを振り返ると、見直す箇所が出てくると思います。

また本書では、「誰からにも好かれ、さらに相手の心を自分の思い通りに動かす」手法についても詳しく書かれています。例えば、上司の立場で部下に対し嫌事を伝えたり指示する場面もあります。仕事とはいえ、行き過ぎると人間関係がギクシャクしてしまう可能性もありますが、本書に書かれている「相手に安心感を与える」、「相手の自己重要感を満たす」テクニックを用いれば、人間関係は円滑になるかもしれません。

あくまでテクニック論の話ではありますが、本書を読む事で、会話の仕方を考えるきっかけ、気付きを与えてくれます。

神トーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り」より引用

キーワードは「安心感」と「自己重要感」。私たち人間は、他社とのコミュニケーションを通じて、この2つを感じたいと思い、また、この2つを失いたくない、傷つけられたくないと思っています。日々、関わる人に「安心感」を与えて、相手の「自己重要感」を満たすことができれば、もう私たちは人の心を動かすことができるのです。

人は感情によって突き動かされて生きており、感情は欲求と密接に繋がっています。著者はマズローの欲求5段階説を用いて、「人の心を動かす」ためにコミュニケーションによって満たすことができる相手の欲求は、「安心感」と「自己重要感」であると説明しています。

本書ではこの2つを実践するためのテクニックと理由が紹介されています。

例えば、「否定ばかりしないようにする」です。人は否定されると傷つき、無意識のうちに「その人とは話したくない」、となってしまいます。否定的なものには強い感情がこもってしまうせいで、記憶に残りやすくなってしまうのです。すなわち、人との会話の中で否定ばかりしていると、自分に対して誰も相談やアドバイスを求める人がいなくなってしまうことになります。

この他にも相手の「安心感」や「自己重要感」を満たす方法が科学的な根拠に基づいて紹介されています。自分が会話中の聞き手であることを想像してみるとわかりやすく、すぐにでも実践できることが多く書かれています

神トーク 「伝え方しだい」で人生は思い通りのポイント

人の心を動かすための大原則は、コミュニケーションの取り方やテクニック以前に、“自分自信の日常の姿”がすべての土台になっているという事実を認識する。

多くの人たちが「満たしたいと思っている感情」を満たすことができる人になれば、自然と人が集まり、人望と影響力を得ることができるようになる。

日々、関わる人に、「安心感」を与えて、相手の「自己重要感」を満たすことができれば、人の心を動かすことができる。

アドバイスや相談を受けても容易に答えを教えない。「安心感」を与えて、相手の「自己重要感」を満たすことを意識しつつ相手に自分で気づかせることで相手は自分についてくる。

人生の9割はメンタルで決まる。相手の感情に火をつけることで相手の人生をも変えることができる